幟ばたの効果的な活用方法はいろいろありますが、使用される状況に応じてポイントが違います。

のぼり旗のサイズ感について

のぼり旗があると、屋内でも屋外でも効果的な宣伝をすることができますから
とても便利なものですが、選ぶ時にはサイズ感に注意しておきたいところです。


のぼり旗と言うのは小さい物から大きい物まで、10種類ぐらいはサイズがありますが、
適切な大きさの物を選ぶようにすると、より効果的な宣伝をすることができて良いでしょう。

澄んでいる

例えば、お店の規模があまり大きくないのに、3メートル以上もある大型ののぼり旗を設置したら、
違和感が出てしまうものです。

なお、のぼり旗と言うのは、設置する際にはポールと注水台を使用しますから、
旗の大きさ以上の高さが出ることになり、大型の物となると、地上からの高さは
6メートルを超える場合もあります。

月明り

ちなみに、お店の規模が大きいのであれば、
逆に小さすぎる物を設置しては、こぢんまりと
しすぎてしまい、これはこれで違和感が出てしまう
ことになり、効果的な宣伝ができませんから
気を付けておきたいところです。


また、大型ののぼり旗を設置する場合、安全面にも
十分な配慮が必要です。


通常のサイズののぼり旗であっても、歩道に設置する場合など
通行人にとってジャマにならないかどうかも考えて設置するのはもちろん
注水台などの器具をきちんと管理しておくことで、安全を守り
そこで初めて効果的な宣伝を期待することができるのです。